【ワールドカップ】日本代表人気選手

海外在籍 サッカー選手を紹介しますが、まず最も人気がある3人を紹介します。

1、ドイツブンデスリーガ所属ドルトムントMF香川真司

出生日:1989年3月17日

ポジション:MF、FW

クラブ:ドルトムント(ドイツブンデスリーガ)

2、プレミアリーグ所属レスターFW岡崎慎司

出生日:1986年4月16日

ポジション:MF、FW

クラブ:レスター・シティFC(プレミアリーグ)

「韓国、日本、イラン、オーストラリア、サウジアラビアが来たるロシアW杯でアジアの代表として参戦する。これらの国で実力を発揮してくれる存在は誰だろうか?」と言うニュース記事あって、その記事により、アジア4つW杯参加国の中で、ロシアW杯で注目が集まっている日本人のは「Kagawa Shinji」、「 Okazaki Shinji」だ記されました。

最近試合不運の香川真司さんは、各国親善試合に募集されなかったにしても、W杯で日本代表重要な選手だと見込みます。他の一人岡崎慎司さんですが、彼も各国親善試合に募集されなかったが、でも彼は日本代表歴史では50ゴール記録を破られている。海外にShinji二人を評価された香川真司と岡崎慎司がW杯メンバーを入選するように期待しています。

3、セリエA所属ACミランDF長友佑都

出生日:1986年9月12日

ポジション:MF、DF、SH

クラブ:ACミラン(セリエA)

「長友佑都さんは最も成功したアジア人選手だ」海外メディアにこう絶好評価した。世界サッカー技術最高なリーグ戦セリエA所属クラブACミランに加入して、ACミラン加入して7年間以来、200以上試合に参加された。チームメンバーと多く監督の好評を得った。

近年、海外サッカーリーグ戦で活躍日本人選手は多くになって、今日はただその中で最も影響力がある選手を紹介したが、今後も海外在籍 サッカー選手を更新します。そして、今後も海外活躍日本人選手を応援し続きます。

上記なモデル写真は 日本 代表 ユニフォームですが、ご興味がある方はぜひ弊店へ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です